2020年01月03日

【#富山餃子】激混み中華ランチ「#やみつき焼餃子」#紅虎餃子房

83156CC3-8518-46C2-9EE2-35C15F7D1F7B.jpg
​【餃子☆小籠包☆パクチー炒飯】

正月料理も一度二度食べれば飽きるもので

3日目ともなれば銘々あれこれ思い馳せる

そこで昨年末からハマっている餃子ランチ

A5D69FA8-ADB5-404A-9362-A350ECBD0535.jpg

開店間もない早目のランチはスイスイご案内

店を出る頃にはスタンバイ客は溢れてました

633948C4-36AA-4F33-BF55-37BA1DEFD0C6.jpg

さて、紅虎餃子房のやみつき焼餃子である

病みつきとまで銘打つには大袈裟なものか

皮は薄目で食べ易くニンニクを控えた塩梅

意外にもあっさりし過ぎて印象が薄いかも

C9225BB2-B1F9-4855-8FFB-D1AC268E15AC.jpg

小籠包は一口サイズ中国黒酢を勧められるも

あまり食べ慣れないので餃子タレが丁度良い

ただ蒸し立ての熱々は火傷必至な教科書通り

こちらもあっさりでクドさの少ない万人向け

D5DD075C-1D77-4F27-BFBF-BFF413D62683.jpg

もう一丁パクチー炒飯は今日の収穫でしたね

クセが強いと思い込む人生初体験のパクチー

ところが清涼感に溢れてなかなか口にビンゴ

もっと言えば炒飯との相性が良くめちゃ好い

89512487-BC85-4582-AB5A-6F8F8F9C2A84.jpg

スープとドリンクはバイキング形式でフリー

サラメシにはちょいと不向きな価格設定でも

この場所で何よりも町中華とは真反対の美観

242E534D-72A1-4692-A3A9-A60A40F986AC.jpg

ド派手なガワの演出はド田舎の町には不相応

やはり人の集まるエンターテインメントには

インパクトと万人にウケるコンセプトが秘訣

今日はパクチーの収穫が有ったそれも吉しだ

3049142D-20EE-415B-B437-9136A3D8C255.jpg
紅虎餃子房 富山 ファボーレ店
〒939-2716 富山県富山市婦中町下轡田165−1
076-466-1776
posted by とやもん(とやま者) at 18:56| 富山 ☔| Comment(0) | 炒飯・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。