2019年11月09日

【#富山ラーメン】胃腸に優しい「#ラーメン」#らーめんの千成

F75C393A-C313-4300-AB12-B034B5885EA6.jpg
​【並ラーメン】

飲み過ぎた翌日は身体に癒しの一杯

そんな言葉がぴったりな千成スタンダード

BDFDD94C-14C0-4459-BD51-420446EB4CF2.jpg

あっさり中華そばは濃口うどんつゆにも似て

昆布のエキスが前面に出張り脂感はほぼない

C7F45580-1461-4E01-9393-3B97EF2EC14D.jpg

脂まみれのラーメンが当たり前にウケる現代

ギラギラ感のないクラシックに胃腸が喜びます

ECBECBF1-9775-4477-8386-9BED1C189BBB.jpg
らーめんの千成
〒931-8326 富山県富山市上野新町6−5
076-437-8955
posted by とやもん(とやま者) at 07:02| 富山 | Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

【#富山ラーメン】千円ランチ「#醤油ラーメン」#古久龍

5A0315B6-DFB9-4D46-9001-8A2CF903725A.jpg
​【醤油ラーメン☆餃子セット☆小ライス】

ラーメン千円時代とも言える物価高なこの頃

餃子に小ライスが付いて千円ならまだましか

それでも定食屋に比べれば安サラリーにキツイ

ラーメン一杯で我慢するのが無難と言うものを

魅せられると食べたい気持ちが込み上げるのだ

3B3DF9AF-1DE7-46F7-BC2D-0C55CDFAEB48.jpg

さて、古久龍の醤油ラーメンである

知る人は知っている九頭龍を継承する店です

36DAC59B-F954-40FD-AF12-418E03BF8ABA.jpg


二店舗をたたみ九頭龍創業の地不二越駅へ移転

66480447-83FE-41CF-A801-20D4B4CBB04F.jpg

やや甘目で王道の醤油は以前に比べライト

味のブレなのか変えたのか定かではない

ひとつ云えるのは安心して食べられる事

14F91CF5-1535-4D71-9190-69FDBE6558E6.jpg

餃子を添えてちょっぴり贅沢をしてしまった

明日はクーポン使って出費を控えめとしよう

A2C371DF-78F6-4A2A-A35B-57D53A27B830.jpg
古久龍
〒930-0034 富山県富山市清水元町3−6
posted by とやもん(とやま者) at 07:44| 富山 ☔| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

【#金沢ラーメン】ターゲットはドライバー「#醤油にんたま」#にんたまラーメン

84E7F2CC-2734-400C-95F5-734BFFB108E6.jpg
​【にんたまラーメン☆醤油☆大盛り】

金沢へ来ると食事場のあれこれ思案が面倒で

富山へ帰る北陸自動車道金沢東IC手前を左折

大型トラックがズラリ並ぶトラックターミナル

よそ者にはよそ者が集まるこの場所が落ち着く

2C396C0C-7EF9-4153-AFCD-12E07028EB5A.jpg

デフォは看板でもあるニンニク玉子ラーメン

ニンニクと玉子は滋養に良さげな組み合わせ

あまりにも普通すぎる見た目に味の変化球

BEA39A64-1BCE-469A-A9CB-AFA88A44EAD4.jpg

フワッとニンニク臭が起ち食欲のSWが入る

攻撃的よりも安心感を与えると言う方が正しい

意外と主張は弱いけど毎日食べても飽きない味

BECFD29B-AFC7-4911-9792-BEDC7D023964.jpg

時々思うが料理は80点位がベストで満点無用

店内は作業着姿の客ばかりで気取らない雰囲気

0E0C2A94-1283-4095-9833-9F143CBD041C.jpg

物の値段はほどほどに高くなく安くもない

ターゲットを絞りその範囲の客を満足させる

トラックドライバーが固定客わかる気がした

8812CA0E-360E-4EA4-9F34-5D3CEF0B5192.jpg
にんにくたまごラーメン 金沢T・S店
〒920-0001 石川県金沢市千木町ルル21−1
076-257-7707
posted by とやもん(とやま者) at 06:27| 富山 ☀| Comment(0) | ラーメン(県外編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

【#富山ステーキ】ガスト違い「#熟成カットステーキ」#ステーキガスト

E7C786B5-0A1D-4323-A418-61E1287FF923.jpg
​【熟成カットステーキ☆160g☆クーポン】

自分をケチと疑いたくなる増税後の今日この頃

やたらクーポンにハマってしまったスマホメシ

あれよあれよと画面は色とりどりのアイコン群

キョウノ・ヒルメシ・ナニ・タベヨカナ…

不本意ながらルーティンのラーメンをさておき

68F4B36B-F79B-45C3-9BC2-46FBC0B6ADE4.jpg

実はガストとステーキガストと間違える大失態

5C933A8B-C5AE-4CFB-A2FA-40CC0F8BE47A.jpg

てっきりステーキと云えばココ的な思い込み

42AB686E-2617-495F-AA05-EAC0037D27A2.jpg

まぁ結果的にはサラダバーも付いて百円引き

833EF2A0-CEEF-4C33-916F-4F122A427107.jpg

スパイスライスもカレーピラフと思えば

73C3DC59-363A-4E1E-A73B-D3ABA68D83B5.jpg

サラダバーも単品サラダを2品と思えば

A2171B31-1F09-4570-8F52-FAECDE40A416.jpg

決してお高いランチではないと言い聞かせる

ただしクーポンの恩恵があったかと云えば微妙

ここはやはり「てんこ盛り」ガスト決定です

D4D49E44-3F2D-43AB-9428-B6C33223D4B8.jpg
ステーキガスト 富山山室店
〒939-8002 富山県富山市公文名1−3
076-493-1781
posted by とやもん(とやま者) at 06:13| 富山 ☀| Comment(0) | 洋食・とんかつ・カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【#立山ゴルフ場】結局三桁「#カツカレー」#立山カントリークラブ

​【カツカレー】

ほぼシーズン最終のプライベートゴルフ

百切り目指し気合を入れて「カツ!」

我流がたたりスコアはいつもの三桁(泣)

結局来シーズンに持ち越しとなりそうです
AD07BE21-9FB2-4C4E-A3F0-2F2C77D105A8.jpg
立山カントリークラブ
〒930-3245 富山県中新川郡立山町上末 三坪1
076-463-1111
posted by とやもん(とやま者) at 06:12| 富山 ☀| Comment(0) | エンターテイメント施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

【#富山ゴルフ】コンペランチ「#洋食プレート」#富山カントリークラブ

4E401DBA-37B5-4F58-A40A-54C05887803A.jpg
​【☆エビフライ☆ポークステーキ】

今年のゴルフもいよいよ最終シーズン突入

天候に恵まれた休日のとあるゴルフコンペ

スコアはイマイチでも食事も楽しみのひとつ

18Hを終え、ひと風呂浴びてコンペルームへ

料理はエビフライとポークステーキが運ばれた

年間いくつかのゴルフコンペに参加して

レストラン富山CCの料理が僕の一番でした

0C0F8060-EB8A-496B-A161-E2E5222568C6.jpg
富山カントリークラブ
〒939-2204 富山県富山市万願寺1−166
076-467-2240
posted by とやもん(とやま者) at 06:14| 富山 ☀| Comment(0) | エンターテイメント施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

【#富山ラーメン】ラーメンは汁ありき「#限定まぜそば」#えびすこ

BDE7B8D8-2AAD-4D69-A533-7AAC0F80C8D0.jpg
​【限定まぜそば☆大盛り無料】

まぜそばの汁ってどのくらいの量が好適なのか

あまり食べ慣れないので全く検討もつきません

ただ言えるのはコクと熱さの二大要素が薄い事

そんな事は百も承知と限定物に誘われてみた

6C87B2DE-8FA0-4A6F-8ED3-AB038D07E5EA.jpg

さて、えびすこの「限定まぜそば」である

具はチャーシューもやしネギめんま生玉チーズ

麺をほじくり返した時は旨そな汁が覗いてる

ところがドッコイ混ぜ終えると汁はほぼ消滅

C3BC516D-1281-4E69-A718-CB64CA1B4E60.jpg

野菜の相性と食感は良いけどやはり物足りん

何気に生卵がワルサしてる気がせんでもない

9B66F71B-DF25-463B-8BE8-AB7F3BD79E3D.jpg

具材がこぼれ出て混ぜにくいのも難点かな

まぁ専らブラック推しな僕だけに

まぜそばの魅力を語れるものでもない

そのうえ店推しがつけめん​なのですから

5FC224CC-3C2B-4489-8B92-F36B9284E2BE.jpg
富山 えびすこ
〒939-8071 富山県富山市上袋58−1
076-482-5405
posted by とやもん(とやま者) at 03:44| 富山 ☁| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

【#富山ラーメン】昭和浪漫思い出の味「#ワンタンメン」#末弘軒(#柳の下ラーメン)

9E641D1E-4A95-4BD5-86D3-C3FC4F411CBC.jpg
【ワンタンメン☆餃子☆昆布おにぎり】

富山でワンタン麺を提供する店はままあるけど

店の看板メニューにしてるとならばそうはない

歴史はかなり古く再開発前は現在より少し北側

歩道と車道の間の緑地帯に柳の木があった時代

当時は映画館も近く待ち合わせ場所だったとか

A1103B23-54A4-46E7-9CA1-23C8095629D3.jpg

時代は変わっても親から子へ子から孫へと

「柳の下のラーメン」の味は受け継がれて行く

83697BF6-E2E1-4F56-8BDC-871B43445A9D.jpg

団塊の世代にはそんな歴史と思い出が眠る場所

現代になってもあの時あの人と食べた青春時代

4B34A62B-894A-4390-883D-8AA33FCDDAFB.jpg

熱々の昆布スープにヒラリと純白のワンタン

並大抵の中華そばぢゃそうはいかん昭和浪漫

26037E75-6E9D-4E88-A7CD-B9068FA6807E.jpg

すいません、青春俳優の様な言い回しでしたが

これ諸先輩方から聞いた昭和の本当の話しです

749B2670-85BE-43C8-975E-5F1C1E2374C7.jpg

そんな意味でも柳が無くなった今もオーナーは

「柳の下」と云う相性を大事にされています

店内には昭和初期の写真があったりで面白い

時代が変わっても大事にしたい思い出の味です

CF6A48E6-4716-415B-AF9A-B689A238477B.jpg
柳の下 末弘軒本店
〒930-0083 富山県富山市総曲輪4丁目6−9
076-421-7019
posted by とやもん(とやま者) at 19:27| 富山 ☁| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

【#富山家系ラーメン】家系王道の添え物「#ラーメン」#元喜家

E77B1723-9E0C-441F-8469-FD7DF5BA78AF.jpg
​【ラーメン☆スープ濃い目☆ライス】

食べつけると中毒となりがちな家系のスープ

先週食べたド派手なメニューの家系に対して

純粋な教えを貫くスタンダード家系ラーメン

何よりスープを熱々で提供されるのが嬉しい

56EE257B-562A-4CB1-A595-096168D8E6BD.jpg

家系の命である鶏油もしっかり伝統の品質だ

しつこさを消す為のすりおろし生姜を添えて

レンゲは水面から口への往復がもう止まらん

11459AB9-95B4-4D6E-A6F7-FA3870E86C62.jpg

短目の麺は脂の持ち上げを計算し尽くした物

飽きずに次また次へと手を止めさせない計算

F81327BF-1EBE-4FDB-833E-383D866F1805.jpg

板海苔と法蓮草もソレで飽きさせない工夫だ

ご飯を添えれば楽しみ方も膨らむと云うもの

81848D30-46B8-406A-BFE3-0D4A211155A5.jpg

デフォで板海苔4枚はジャストな量なのか

脂を染み込ませご飯に巻いて麺に絡ませて

吉村家が考案した王道の味

ラーメンだけぢゃない添え物のポテンシャル

全てが飽きさせない工夫なのだろう

6CE34566-D44E-4FBE-888C-3D5AB207DD90.jpg

浜家系ラーメン 元喜家 富山店
〒930-0841 富山県富山市四ツ葉町6−18
076-442-6116
posted by とやもん(とやま者) at 19:49| 富山 ☀| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

【#立山酒場】令和元年10月31日、45年の暖簾を降ろす#とん八

58D68DDF-A406-4275-867B-E84A7AA1A364.jpg
【本日閉業☆カレーライス】
なんと寂しい事であろうか

仕事の疲れを癒してもらった店がファイルの日

あの顔もこの顔もいつも愉しく呑んだご常連方

とうとうこの日を迎えてしまった

最後の酒場へは仕事を早々に切り上げて向かう

既に馴染みの酒場仲間が集いワイワイ楽しそう

中盤になった頃一人一人思い出発表タイム

笑わせてくれる人真面目に語る人泣く人と様々

女将さんの最後の挨拶…こっちももらい泣き

とん八最後のご馳走はカレーライスを皆んなで

最後まで胃袋を掴まれたまま…お疲れ様でした

DBF54175-4538-47C5-9ECF-EB00DA55A715.png

とん八
〒930-0214 富山県中新川郡立山町五百石2−1
076-462-1919
posted by とやもん(とやま者) at 20:08| 富山 ☁| Comment(0) | 酒場・居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする